年中無休
10:00~21:00
043-400-2751

column

ドローン国家資格、1発試験?スクールに通う?

はじめに2022年12月から施行されるドローン新制度の中で最大の注目を集めている「操縦ライセンス」。国内初となるドローンの国家資格ということもあり、取得方法や取得するメリットなどが話題を集めています。そんな中で操縦ライセンスの取得方法として、スクールに通って試験を受けるだけでなく

ドローンのおすすめを紹介!初心者向けドローンや飛行時の注意点も解説!

はじめに趣味だけでなくビジネスの分野でも幅広く活用が推進されている「ドローン」。空撮に興味を持っている方や新しい趣味を見つけたいと思っている方は、購入を検討しているのではないでしょうか。しかし、「ドローンってどうやって選べばいいの?」「初めてのドローンはどれがおすすめ?」など疑問

「農業用ドローン」の特徴や選び方を解説!農業用ドローンを導入するポイントは?

はじめに高齢化や人手不足といった課題を抱える農業において、ドローンの活用は問題解決の有効な手段の1つと言えるでしょう。農薬散布などの負荷の大きい作業をドローンで行うことで、効率化と省力化を実現し、人的コストの削減を実現します。そんな中、農業用ドローンの導入を検討している方もいるかと思いま

2022年ドローン国家資格について!気になる最新情報まとめ!

はじめに「ドローン新制度に関する最新情報を解説!気になる操縦ライセンス制度の内容は?」先日、ドローン業界関係者に対して国土交通省から公示された内容をまとめてみました。(パブリックコメント)現行法では認められていない「有人地帯」かつ「目視外」でのドローン飛行(レベル4飛行)を実現す

ドローンを点検分野で活用する方法やメリットを解説!必要なスキルや資格はある?

はじめにさまざまな業界での活用が推進されているドローンですが、今注目を集めているのが建設現場などでの「点検業務」です。インフラや建築物など、人が目視で行うよりも安全かつ効率的に点検業務が進められるため、今後普及していくことが予想されています。

ドローンを農業で活用する方法やメリットを解説!ドローン導入の流れや求人の有無は?

はじめに空撮映像でお馴染みのドローンですが、さまざまな産業分野での活用が積極的に行われています。その1つが「農業」でドローンを使った農薬散布などを通じて、農業の効率化を進めながら、高齢化問題への取り組みを進めています。ドローンを活用する農業従事者も増えている中で、ドローンを使った

ドローンを飛ばせる場所はどうやって探す?おすすめの飛行場所の一例も紹介!

安価に購入できるドローンも増え、趣味の一環として楽しみたいと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、ドローンの飛行にあたってはさまざまな法律や条令によって飛行が規制されており、そもそもドローンの重量に関わらず飛行が禁止されている区域も少なくありません。そこで今回は、ドローンの飛行禁止区域

ドローン操縦のモード1とモード2は何が違う?メリット・デメリットを解説

ドローンはプロポとよばれるコントローラーで操縦しますが、プロポに搭載されているスティックの操縦にはモード1とモード2とよばれる2種類があることをご存知でしょうか。今回の記事では、ドローン操縦におけるモード1とモード2は何が違うのか、それぞれのメリットとデメリットを比較するとともに、どのような

ドローンの「目視外飛行」とはどんな飛行??申請方法や訓練時間は?

ドローンを飛行させるためには、機体を目視しながら操縦することが原則となります。しかし、用途や目的によっては、カメラの映像を見ながら操縦したいというケースもあるでしょう。このような飛行方法を「目視外飛行」とよびますが、これを実現するためにはさまざまな条件をクリアする必要があります。そこで今回は

DID地区とはなにか?ドローンを飛ばす前に知っておくべきこと

ドローンの飛行にあたっては、航空法や道路交通法などさまざまな法律が関係し、これらに違反すると取り締まりの対象となることがあります。特に航空法はドローンの飛行禁止エリアを厳密に定めており、屋外で飛行させる場合にはしっかりとルールを把握しておくことが重要です。特に、都心部や市街地に居住している方

TOP