年中無休 10:00~21:00 043-400-2751

LICENSE回転翼3級コースとは?

DPA(ドローン操縦士団体)の「回転翼3級コース」は、ドローン操縦に必要な知識や操縦技術を身につけるための資格取得コースです。

認定資格発行団体は複数ありますが、ドローンスクール千葉幕張では日本で最も古くから認定資格を行っており、操縦技術を身につけることに重点を置いた「DPA」の資格が取得出来ます。

ドローン操縦士として認定される「回転翼3級」は、国土交通省から「飛行許可」の承認を得やすくなります。また、ドローンの操縦技術を正しく保有している技術証明となるため、飛行時に関係各所や、近隣住民への説明がスムーズに行えます。

日本でドローン飛行を行う場合、「改正航空法」によって、飛行可能エリアや操縦方法について細かい規制がありますが、ドローン操縦士資格を保有する事で出来る飛行を増やすことが出来ます。

回転翼3級コースの仕組み

ABOUT DPADPA(ドローン操縦士協会)について

2016年6月ドローン操縦士協会設立

ドローン操縦士の技術、技量の健全な発展を図り、航空の安全確保につとめ当該技術、知識の普及と諸般の調査研究を行うことを目的として設立しました。

2017年6月国土交通省登録管理団体として認定

企業や個人会員が、最先端で安全なドローン活用を実現するため、ドローン操縦技術に関する認定資格を制度化し、日本で最も古く2017年6月から資格認定をスタートしました。

STRENGTHDPA(ドローン操縦士協会)の強み

産業利用を前提にした操縦技能を取得できるカリキュラム

卓越したドローン操縦士インストラクター養成教官であるドローン操縦士回転翼マスターインストラクターを含む、カリキュラム策定委員会の審査の元、国交省の管理団体基準を厳守して作り上げた講習カリキュラム

操縦技能の高いインストラクターによるトレーナーコードを活用した少人数での技能講習

「バック円形飛行(反時計回り) 」など高度な技能取得を含めた最低5日間以上の訓練を受けたうえで試験を通過した人のみがインストラクターに。

トレーナーコード:インストラクター側のプロポ操作で受講者側 のプロポ操作をオーバーライドすることができる仕組み

常設の施設を持ち天候に関係なく受講が可能

施設内に10m×10m天井高5mのコート2面持つことがスクール開校の基本条件

SCHEDULEドローン操縦士「回転翼3級」と
今後の予定

ドローン操縦技術に関する認定資格を制度化し、2017年6月から資格認定をスタートしました。
現状回転翼3級は、DPAの認定資格の中ではファーストステップであり、
将来的には回転翼1級までのステップアップを視野に入れております。

ドローン操縦士回転翼3級 資格認定制度

対象 ドローン操縦初心者
適性要件 年齢:満15歳以上、視力、色覚、身体要件あり
認定内容 ・小型無人航空機を安全に飛行させるために必要な基礎知識
・小型無人航空機を安全に操縦する基本技能
有効期間・更新 2年間 ※更新には更新料12,000円が発生します。

STEPDPA回転翼1級までのステップ
(予定)

政府が掲げる「空の産業革命に向けたロードマップ」において、「2018年に山間部等における荷物配送を実施し、2020年代には都市でも安全な荷物配送を本格化させる」という目標が定められています。

経済産業省と国土交通省は、その目標実現に向けて飛行に求められる機体の機能及び性能、無人航空機を飛行させる者並びに安全を確保するための体制に求められる要件等について検討を進めています。DPA(ドローン操縦士団体)においても、その方針に沿うように資格発行を次のとおり目指しております。

   

「空の産業革命に向けたロードマップ2020」の閲覧はこちら

   DPA回転翼1級までのステップ


TOP